スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィクトワール、3戦3勝2000メートル絶好舞台!…報知杯弥生賞

オーシャンS/チューリップ賞/弥生賞馬名の確認はこちら


 




[弥生賞]人気薄の台頭は期待できない


今年の報知杯弥生賞の主役は、ヴィクトワールピサだ。すべて2000メートルのレースで3連勝中。前走のラジオNIKKEI杯2歳Sは、4角8番手から馬場の外を伸び、「首」という着差以上の強い競馬だった。



 3連勝でラジオNIKKEI杯2歳Sを制したヴィクトワールピサが、いよいよクラシックに向けて始動する。前走後は、宮城・山元トレセンでリフレッシュ放牧。「いい雰囲気で帰厩した。馬体はボリュームアップしており、輸送があってもプラス体重だろう。バランスのいいシルエットをしている」と清山助手は確かな成長を感じている。



 ビッシリと追われた1週前追い切り(2月24日)に続いて、28日にはCウッドチップコースで3頭併せを消化。「本数をこなすごとに、反応が良くなってきた」と順調さをアピールする。中山への初の長距離輸送についても「山元(トレセン)から栗東に運んだりしているから…。精神的に、まだ幼い部分はあるので、帯同馬をつけることも考えたい」と対策に抜かりはない。

馬{PR}究極の副収入!生きた情報をリアルタイムにお届け
馬


 過去10年で、ラジオNIKKEI杯、報知杯弥生賞を連勝した馬は3頭。アグネスタキオン(01年皐月賞V)、コスモバルク(04年皐月賞2着)、ロジユニヴァース(09年ダービーV)と、いずれもG1で好成績を残している。



 昨秋の新馬戦(2着)で先着を許したローズキングダムは、スプリングS(21日、中山)から始動する予定。ライバルにプレッシャーを与えるためにも、結果を出したい戦いだ。「まだ隠れた存在もいるだろうけど、ファンと同じくスタッフの期待も大きい馬。応えてくれる素質を秘めていると思う」と清山助手。ここを勝利で通過すれば、世代の頂点が確実に視界に入ってくる。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
人気ブログランキングへ 競馬 競馬ブログ・ランキング
ブログランキング blogram投票ボタン にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
ブログランキング【くつろぐ】 チャンプでGoGo!ランキング まねぶろランキング

最新記事
プロフィール

さや

Author:さや
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。